角質ケア

肌は定期的にターンオーバーを繰り返します。ターンオーバーとは、古い角質が剥がれ、新しい皮膚に生まれ変わらせることを言います。そのターンオーバーを正常に保つためにボディのピーリングを行い、美白化粧品の浸透を高めましょう。

Read more

効果的な成分

ボディへの美白効果が高いとして存在する成分は様々にあります。ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、アルブチンなどです。成分表を確認しましょう。

Read more

ネットで購入

美白効果のあるボディ化粧品は、ドラッグストアやスーパーなどの店頭で販売されていますが、通販サイトでも販売されています。配合されている成分を他の商品と比較することができるため、自分に合う商品を見つけやすいです。

Read more

食事から摂取

美白ボディケアをして美白効果を得ることもできますが、食事からも美白作用のある成分を摂ることも大切です。美白効果があるとされる食べ物が、トマト、納豆です。地黒の人でも美白効果を実感できます。

Read more

効果を高める

ムラのない綺麗な肌トーンに仕上げてくれます。エアーファンデーションの相談はここへ。手軽さでも高い人気を集めています。

ボディ用の美白化粧品で代表的なのが、クリームタイプやジェルタイプです。
肌質や好みに合わせて使用することがでますが、季節によって使い分けることもできます。
夏はさっぱり使えるジェルタイプの美白化粧品、冬はしっとり使えるクリームタイプの美白化粧品などです。
フェイスに比べてボディの肌質は厚いです。そのため、浸透性の高い油溶甘草エキスや油溶性ビタミンC誘導体など、油溶性のある成分を摂り入れると肌の奥まで浸透させる効果があります。
フェイスと同じで、ボディにも紫外線でできるシミが発生します。1度できたシミは消すことが難しいため、予防として美白化粧品を使うことが大切です。
ボディの美白ケアを取り入れたスキンケアと同様に大切なのが、日焼け止めクリームの使用です。
スキンケアとして美白ボディクリームやジェルを使いますが、太陽の光を浴びる外出時に日焼け止めクリームを使用しなければ、紫外線が直接肌にあたってしまいます。
そうなるとメラニンが増殖し、シミやそばかすの発生やシワが発生する原因となってしまいます。そのため、日焼け止めクリームは日が出る日中に塗ることが大切なのです。
それ以外にも、美容外科の治療で美白効果を得ることもできますが、これも同様で、日々のスキンケアや日焼け止めクリームをしっかりすることが大切です。これは美白効果を維持するポイントなのです。
美白ボディクリームやジェルは種類豊富にあるため、自分に合ったものを使いましょう。